PE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0 Transitional//EN"> レプリカオメガ Hashtags for オータムリーグ | MostUsedTagsInSocial.com

Hashtags for オータムリーグ | MostUsedTagsInSocial.com レプリカオメガ

Hashtags for #オータムリーグ in Instagram, Twitter, Vimeo

meilleur site de montres répliquec text-dark">We gather the most Popular contents for you

Discover best of Instagram, Twitter and Vimeo.

You want to search some tags like オータムリーグ

Use box below to get most popular Instagram, Twitter and Vimeo tags

オータムリーグ £â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° a£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° b£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° c£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° d£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
f£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° g£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° h£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° i£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° j£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° k£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
m£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° n£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° o£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° p£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° q£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° r£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
t£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° u£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° v£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° w£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° x£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° y£â€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
ªータムリーグ Ãa‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° Ãb‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° Ãc‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° Ãd‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° Ãe‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
Ãg‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° Ãh‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° Ãi‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° Ãj‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° Ãk‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° Ãl‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
Ãn‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° Ão‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° Ãp‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° Ãq‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° Ãr‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° Ãs‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
Ãu‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° Ãv‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° Ãw‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° Ãx‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° Ãy‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° Ãz‚ªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
ãa€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãb€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãc€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãd€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãe€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãf€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
ãh€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãi€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãj€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãk€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãl€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãm€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
ão€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãp€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãq€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãr€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãs€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãt€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
ãv€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãw€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãx€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãy€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãz€šÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâšÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
ãâbšÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâcšÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâdšÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâešÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâfšÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâgšÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
ãâišÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâjšÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâkšÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâlšÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâmšÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãânšÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
ãâpšÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâqšÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâršÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâsšÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâtšÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâušÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
ãâwšÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâxšÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâyšÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâzšÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâ€ÂªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâ€aªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
ãâ€cªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâ€dªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâ€eªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâ€fªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâ€gªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâ€hªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
ãâ€jªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâ€kªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâ€lªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâ€mªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâ€nªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâ€oªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
ãâ€qªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâ€rªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâ€sªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâ€tªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâ€uªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâ€vªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
ãâ€xªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâ€yªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ãâ€zªãƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータムリーグ ã‚aªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ã‚bªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
ã‚dªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ã‚eªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ã‚fªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ã‚gªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ã‚hªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ã‚iªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
ã‚kªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ã‚lªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ã‚mªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ã‚nªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ã‚oªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ã‚pªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
ã‚rªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ã‚sªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ã‚tªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ã‚uªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ã‚vªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ã‚wªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
ã‚yªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ã‚zªÃ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° ã‚Âータムリーグ ã‚Âaータムリーグ ã‚Âbータムリーグ ã‚Âcータムリーグ
ã‚Âeータムリーグ ã‚Âfータムリーグ ã‚Âgータムリーグ ã‚Âhータムリーグ ã‚Âiータムリーグ ã‚Âjータムリーグ
ã‚Âlータムリーグ ã‚Âmータムリーグ ã‚Ânータムリーグ ã‚Âoータムリーグ ã‚Âpータムリーグ ã‚Âqータムリーグ
ã‚Âsータムリーグ ã‚Âtータムリーグ ã‚Âuータムリーグ ã‚Âvータムリーグ ã‚Âwータムリーグ ã‚Âxータムリーグ
ã‚Âzータムリーグ オ£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オa£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オb£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オc£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オd£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オf£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オg£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オh£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オi£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オj£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オk£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オm£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オn£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オo£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オp£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オq£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オr£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オt£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オu£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オv£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オw£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オx£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オy£Æ’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オüタムリーグ オÃaƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オÃbƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オÃcƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オÃdƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オÃeƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オÃgƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オÃhƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オÃiƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オÃjƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オÃkƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オÃlƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オÃnƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オÃoƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オÃpƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オÃqƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オÃrƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オÃsƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オÃuƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オÃvƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オÃwƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オÃxƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オÃyƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オÃzƒ¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オãa’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãb’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãc’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãd’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãe’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãf’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オãh’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãi’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãj’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãk’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãl’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãm’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オão’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãp’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãq’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãr’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãs’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãt’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オãv’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãw’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãx’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãy’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãz’¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãƼタムリーグ
オãÆb¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãÆc¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãÆd¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãÆe¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãÆf¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãÆg¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オãÆi¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãÆj¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãÆk¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãÆl¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãÆm¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãÆn¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オãÆp¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãÆq¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãÆr¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãÆs¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãÆt¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãÆu¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オãÆw¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãÆx¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãÆy¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オãÆz¼ã‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータムリーグ オãƒa¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オãƒc¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オãƒd¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オãƒe¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オãƒf¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オãƒg¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オãƒh¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オãƒj¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オãƒk¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オãƒl¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オãƒm¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オãƒn¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オãƒo¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オãƒq¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オãƒr¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オãƒs¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オãƒt¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オãƒu¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オãƒv¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オãƒx¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オãƒy¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オãƒz¼Ã£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オãƒÂタムリーグ オãƒÂaタムリーグ オãƒÂbタムリーグ
オãƒÂdタムリーグ オãƒÂeタムリーグ オãƒÂfタムリーグ オãƒÂgタムリーグ オãƒÂhタムリーグ オãƒÂiタムリーグ
オãƒÂkタムリーグ オãƒÂlタムリーグ オãƒÂmタムリーグ オãƒÂnタムリーグ オãƒÂoタムリーグ オãƒÂpタムリーグ
オãƒÂrタムリーグ オãƒÂsタムリーグ オãƒÂtタムリーグ オãƒÂuタムリーグ オãƒÂvタムリーグ オãƒÂwタムリーグ
オãƒÂyタムリーグ オãƒÂzタムリーグ オー£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーa£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーb£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーc£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーe£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーf£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーg£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーh£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーi£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーj£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーl£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーm£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーn£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーo£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーp£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーq£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーs£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーt£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーu£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーv£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーw£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーx£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーz£â€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オー¿ムリーグ オーÃa‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーÃb‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーÃc‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーÃd‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーÃf‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーÃg‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーÃh‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーÃi‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーÃj‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーÃk‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーÃm‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーÃn‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーÃo‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーÃp‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーÃq‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーÃr‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーÃt‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーÃu‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーÃv‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーÃw‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーÃx‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーÃy‚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オー〚¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãa€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãb€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãc€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãd€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãe€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーãg€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãh€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãi€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãj€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãk€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãl€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーãn€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーão€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãp€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãq€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãr€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãs€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーãu€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãv€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãw€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãx€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãy€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãz€šÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーãâašÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâbšÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâcšÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâdšÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâešÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâfšÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーãâhšÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâišÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâjšÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâkšÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâlšÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâmšÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーãâošÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâpšÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâqšÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâršÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâsšÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâtšÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーãâvšÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâwšÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâxšÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâyšÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâzšÂ¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâ€Â¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーãâ€b¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâ€c¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâ€d¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâ€e¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâ€f¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâ€g¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーãâ€i¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâ€j¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâ€k¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâ€l¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâ€m¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâ€n¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーãâ€p¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâ€q¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâ€r¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâ€s¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâ€t¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâ€u¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーãâ€w¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâ€x¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâ€y¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オーãâ€z¿ãƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータムリーグ オーã‚a¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーã‚c¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーã‚d¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーã‚e¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーã‚f¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーã‚g¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーã‚h¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーã‚j¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーã‚k¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーã‚l¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーã‚m¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーã‚n¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーã‚o¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーã‚q¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーã‚r¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーã‚s¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーã‚t¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーã‚u¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーã‚v¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オーã‚x¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーã‚y¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーã‚z¿Ã£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オーã‚Âムリーグ オーã‚Âaムリーグ オーã‚Âbムリーグ
オーã‚Âdムリーグ オーã‚Âeムリーグ オーã‚Âfムリーグ オーã‚Âgムリーグ オーã‚Âhムリーグ オーã‚Âiムリーグ
オーã‚Âkムリーグ オーã‚Âlムリーグ オーã‚Âmムリーグ オーã‚Ânムリーグ オーã‚Âoムリーグ オーã‚Âpムリーグ
オーã‚Ârムリーグ オーã‚Âsムリーグ オーã‚Âtムリーグ オーã‚Âuムリーグ オーã‚Âvムリーグ オーã‚Âwムリーグ
オーã‚Âyムリーグ オーã‚Âzムリーグ オータ£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータa£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータb£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータc£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オータe£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータf£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータg£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータh£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータi£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータj£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オータl£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータm£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータn£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータo£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータp£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータq£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オータs£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータt£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータu£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータv£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータw£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータx£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オータz£Æ’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータàリーグ オータÃaƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータÃbƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータÃcƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータÃdƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オータÃfƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータÃgƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータÃhƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータÃiƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータÃjƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータÃkƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オータÃmƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータÃnƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータÃoƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータÃpƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータÃqƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータÃrƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オータÃtƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータÃuƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータÃvƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータÃwƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータÃxƒ ãƒªãƒ¼ã‚° オータÃyƒ ãƒªãƒ¼ã‚°
オータ㒠リーグ オータãa’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータãb’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータãc’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータãd’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータãe’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オータãg’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータãh’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータãi’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータãj’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータãk’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータãl’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オータãn’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータão’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータãp’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータãq’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータãr’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータãs’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オータãu’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータãv’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータãw’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータãx’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータãy’ ãƒªãƒ¼ã‚° オータãz’ ãƒªãƒ¼ã‚°
オータãÆa ãƒªãƒ¼ã‚° オータãÆb ãƒªãƒ¼ã‚° オータãÆc ãƒªãƒ¼ã‚° オータãÆd ãƒªãƒ¼ã‚° オータãÆe ãƒªãƒ¼ã‚° オータãÆf ãƒªãƒ¼ã‚°
オータãÆh ãƒªãƒ¼ã‚° オータãÆi ãƒªãƒ¼ã‚° オータãÆj ãƒªãƒ¼ã‚° オータãÆk ãƒªãƒ¼ã‚° オータãÆl ãƒªãƒ¼ã‚° オータãÆm ãƒªãƒ¼ã‚°
オータãÆo ãƒªãƒ¼ã‚° オータãÆp ãƒªãƒ¼ã‚° オータãÆq ãƒªãƒ¼ã‚° オータãÆr ãƒªãƒ¼ã‚° オータãÆs ãƒªãƒ¼ã‚° オータãÆt ãƒªãƒ¼ã‚°
オータãÆv ãƒªãƒ¼ã‚° オータãÆw ãƒªãƒ¼ã‚° オータãÆx ãƒªãƒ¼ã‚° オータãÆy ãƒªãƒ¼ã‚° オータãÆz ãƒªãƒ¼ã‚° オータムリーグ
オータãƒb Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータãƒc Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータãƒd Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータãƒe Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータãƒf Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータãƒg Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚°
オータãƒi Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータãƒj Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータãƒk Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータãƒl Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータãƒm Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータãƒn Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚°
オータãƒp Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータãƒq Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータãƒr Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータãƒs Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータãƒt Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータãƒu Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚°
オータãƒw Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータãƒx Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータãƒy Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータãƒz Ã£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータãƒÂリーグ オータãƒÂaリーグ
オータãƒÂcリーグ オータãƒÂdリーグ オータãƒÂeリーグ オータãƒÂfリーグ オータãƒÂgリーグ オータãƒÂhリーグ
オータãƒÂjリーグ オータãƒÂkリーグ オータãƒÂlリーグ オータãƒÂmリーグ オータãƒÂnリーグ オータãƒÂoリーグ
オータãƒÂqリーグ オータãƒÂrリーグ オータãƒÂsリーグ オータãƒÂtリーグ オータãƒÂuリーグ オータãƒÂvリーグ
オータãƒÂxリーグ オータãƒÂyリーグ オータãƒÂzリーグ オータム£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータムa£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータムb£Æ’ªãƒ¼ã‚°
オータムd£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータムe£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータムf£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータムg£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータムh£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータムi£Æ’ªãƒ¼ã‚°
オータムk£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータムl£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータムm£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータムn£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータムo£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータムp£Æ’ªãƒ¼ã‚°
オータムr£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータムs£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータムt£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータムu£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータムv£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータムw£Æ’ªãƒ¼ã‚°
オータムy£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータムz£Æ’ªãƒ¼ã‚° オータムêーグ オータムÃaƒªãƒ¼ã‚° オータムÃbƒªãƒ¼ã‚° オータムÃcƒªãƒ¼ã‚°
オータムÃeƒªãƒ¼ã‚° オータムÃfƒªãƒ¼ã‚° オータムÃgƒªãƒ¼ã‚° オータムÃhƒªãƒ¼ã‚° オータムÃiƒªãƒ¼ã‚° オータムÃjƒªãƒ¼ã‚°
オータムÃlƒªãƒ¼ã‚° オータムÃmƒªãƒ¼ã‚° オータムÃnƒªãƒ¼ã‚° オータムÃoƒªãƒ¼ã‚° オータムÃpƒªãƒ¼ã‚° オータムÃqƒªãƒ¼ã‚°
オータムÃsƒªãƒ¼ã‚° オータムÃtƒªãƒ¼ã‚° オータムÃuƒªãƒ¼ã‚° オータムÃvƒªãƒ¼ã‚° オータムÃwƒªãƒ¼ã‚° オータムÃxƒªãƒ¼ã‚°
オータムÃzƒªãƒ¼ã‚° オータム㒪ーグ オータムãa’ªãƒ¼ã‚° オータムãb’ªãƒ¼ã‚° オータムãc’ªãƒ¼ã‚° オータムãd’ªãƒ¼ã‚°
オータムãf’ªãƒ¼ã‚° オータムãg’ªãƒ¼ã‚° オータムãh’ªãƒ¼ã‚° オータムãi’ªãƒ¼ã‚° オータムãj’ªãƒ¼ã‚° オータムãk’ªãƒ¼ã‚°
オータムãm’ªãƒ¼ã‚° オータムãn’ªãƒ¼ã‚° オータムão’ªãƒ¼ã‚° オータムãp’ªãƒ¼ã‚° オータムãq’ªãƒ¼ã‚° オータムãr’ªãƒ¼ã‚°
オータムãt’ªãƒ¼ã‚° オータムãu’ªãƒ¼ã‚° オータムãv’ªãƒ¼ã‚° オータムãw’ªãƒ¼ã‚° オータムãx’ªãƒ¼ã‚° オータムãy’ªãƒ¼ã‚°

レプリカオメガ

tourbillon hublot
Beste Ort zum kaufen Replik Uhren
replika ure til mænd
precio de relojes

Mailing List Archive

timeout値とdeadtime値の設定に関して。
お疲れ様です。

黄です。



現在、運用している、システムの環境は以下になります。



システム情報

OS Version:Red Hat Enterprise Linux Server release 5.4 (Tikanga)

Kernel version:2.6.18-194.el5xen

Memory:8GB



Software情報

MySQLバージョン;MySQL-community 5.5.25a

DRBD バージョン:8.3.8.1

Heartbeatバージョン:2.1.3



構成

xxdb1 (Active) , xxdb2 (Standby)

DRBD : /dev/drbd0 /MYSQL_DATA

MySQL

VIP : 172.18.79.26 / Heartbeat VIP : 200.200.200.151



Heartbeatのcib.xmlファイルを見ると、timeoutという設定値があります。

Ha.cfを見るとdeadtime値があります。

timeout値とdeadtime値の中で、優先順位が高い設定値はどちでしょうか?

timeout値 とdeadtime値の 相関関係に関して、教えていただけましょうか?



以上、よろしくお願いいたします。

黄世元





==============================

(주)리눅스데이타시스템

컨설팅사업부 DB팀 과장 황세원

Mobile. 010-6718-1196

Tel. 02-6207-1159,1160

Fax. 02-6207-1161

E-mail. <mailto:swhwang@linuxdata.co.kr> swhwang@linuxdata.co.kr

서울시 강남구 삼성동 166-5 홍선빌딩 2F

우:135-090
Re: timeout値とdeadtime値の設定に関して。 [ In reply to ]
黄さん

こんにちは、山内です。

> timeout値とdeadtime値の中で、優先順位が高い設定値はどちでしょうか?
>
> timeout値 とdeadtime値の 相関関係に関して、教えていただけましょうか?

cibの中のtimeoutが各リソースのop設定のtimeoutのことを言っていると仮定して
回答します。

timeoutとdeadtimeの値に関係はありません。

deadtimeは、ノード間のHeartbeat通信が切れた後、そのノードがクラスタ構成からいなくなったことを判断する値になります。(ノード離脱判定値)

timeoutは、リソースの操作(start,monitor,stop)を実行してから、その応答がない場合のタイムアウト判定値になります。(リソース操作判定値)

以上です。



--- On Tue, 2012/12/18, 황세원 <swhwang@linuxdata.co.kr> wrote:

>
>
>
> お疲れ様です。
>
> 黄です。
>
>  
>
> 現在、運用している、システムの環境は以下になります。
>
>  
>
> システム情報
>
> OS Version:Red Hat Enterprise Linux Server release 5.4 (Tikanga)
>
> Kernel version:2.6.18-194.el5xen
>
> Memory:8GB
>
>  
>
> Software情報
>
> MySQLバージョン;MySQL-community 5.5.25a
>
> DRBD バージョン:8.3.8.1
>
> Heartbeatバージョン:2.1.3
>
>  
>
> 構成
>
> xxdb1 (Active) , xxdb2 (Standby)
>
> DRBD : /dev/drbd0 /MYSQL_DATA
>
> MySQL
>
> VIP :  172.18.79.26 / Heartbeat VIP : 200.200.200.151
>
>  
>
> Heartbeatのcib.xmlファイルを見ると、timeoutという設定値があります。
>
> Ha.cfを見るとdeadtime値があります。
>
> timeout値とdeadtime値の中で、優先順位が高い設定値はどちでしょうか?
>
> timeout値 とdeadtime値の 相関関係に関して、教えていただけましょうか?
>
>  
>
> 以上、よろしくお願いいたします。
>
> 黄世元
>
>  
>
>  
>
> ==============================
>
> (주)리눅스데이타시스템
>
> 컨설팅사업부 DB팀 과장 황세원
>
> Mobile. 010-6718-1196
>
> Tel. 02-6207-1159,1160
>
> Fax. 02-6207-1161
>
> E-mail. swhwang@linuxdata.co.kr
>
> 서울시 강남구 삼성동 166-5 홍선빌딩 2F
>
> 우:135-090
>
>  

_______________________________________________
Linux-ha-japan mailing list
Linux-ha-japan@lists.sourceforge.jp
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/linux-ha-japan
Re: timeout値とdeadtime値の設定に関して。 [ In reply to ]
山内さん、
おはようございます。

黄です。
メールありがとうございます。

また、質問がありますが、
もし、timeout = 30 deatime = 60だと設定されていると、障害が起こったと仮定したら、どちらを優先すべきですか?(例;30秒後にfailover or 60秒後にfailover)

今回、障害が起きたサーバはtimeout = 60で設定されていましたが、Heartbeatの 誤動作のため、 DB Connection failが起きました。
timeout = 60も設定されているのに、 Heartbeatは現用系のeth1がdeadしたと判断して、 failoverをすすめ、結局、Split-Brain状態になりました。

Split-Brain状態を防ぐ根本的な解決策はあるんでしょうか?

システム情報は以下になります。

システム情報
OS Version:Red Hat Enterprise Linux Server release 5.4 (Tikanga)
Kernel version:2.6.18-194.el5xen
Memory:8GB

Software情報
MySQLバージョン;MySQL-community 5.5.25a
DRBD バージョン:8.3.8.1
Heartbeatバージョン:2.1.3

構成
xxdb1 (Active) , xxdb2 (Standby)
DRBD : /dev/drbd0 /MYSQL_DATA
MySQL
VIP : 172.18.79.26 / Heartbeat VIP : 200.200.200.151

以上、教えをお願いいたします。
黄世元


==============================
(주)리눅스데이타시스템
컨설팅사업부 DB팀 과장 황세원
Mobile. 010-6718-1196
Tel. 02-6207-1159,1160
Fax. 02-6207-1161
E-mail. swhwang@linuxdata.co.kr
서울시 강남구 삼성동 166-5 홍선빌딩 2F
우:135-090

-----Original Message-----
From: linux-ha-japan-bounces@lists.sourceforge.jp [mailto:linux-ha-japan-bounces@lists.sourceforge.jp] On Behalf Of renayama19661014@ybb.ne.jp
Sent: Wednesday, December 19, 2012 9:10 AM
To: linux-ha-japan@lists.sourceforge.jp
Subject: Re: [Linux-ha-jp] timeout値とdeadtime値の設定に関して。

黄さん

こんにちは、山内です。

> timeout値とdeadtime値の中で、優先順位が高い設定値はどちでしょうか?
>
> timeout値 とdeadtime値の 相関関係に関して、教えていただけましょうか?

cibの中のtimeoutが各リソースのop設定のtimeoutのことを言っていると仮定して
回答します。

timeoutとdeadtimeの値に関係はありません。

deadtimeは、ノード間のHeartbeat通信が切れた後、そのノードがクラスタ構成からいなくなったことを判断する値になります。(ノード離脱判定値)

timeoutは、リソースの操作(start,monitor,stop)を実行してから、その応答がない場合のタイムアウト判定値になります。(リソース操作判定値)

以上です。



--- On Tue, 2012/12/18, 황세원 <swhwang@linuxdata.co.kr> wrote:

>
>
>
> お疲れ様です。
>
> 黄です。
>
>
>
> 現在、運用している、システムの環境は以下になります。
>
>
>
> システム情報
>
> OS Version:Red Hat Enterprise Linux Server release 5.4 (Tikanga)
>
> Kernel version:2.6.18-194.el5xen
>
> Memory:8GB
>
>
>
> Software情報
>
> MySQLバージョン;MySQL-community 5.5.25a
>
> DRBD バージョン:8.3.8.1
>
> Heartbeatバージョン:2.1.3
>
>
>
> 構成
>
> xxdb1 (Active) , xxdb2 (Standby)
>
> DRBD : /dev/drbd0 /MYSQL_DATA
>
> MySQL
>
> VIP : 172.18.79.26 / Heartbeat VIP : 200.200.200.151
>
>
>
> Heartbeatのcib.xmlファイルを見ると、timeoutという設定値があります。
>
> Ha.cfを見るとdeadtime値があります。
>
> timeout値とdeadtime値の中で、優先順位が高い設定値はどちでしょうか?
>
> timeout値 とdeadtime値の 相関関係に関して、教えていただけましょうか?
>
>
>
> 以上、よろしくお願いいたします。
>
> 黄世元
>
>
>
>
>
> ==============================
>
> (주)리눅스데이타시스템
>
> 컨설팅사업부 DB팀 과장 황세원
>
> Mobile. 010-6718-1196
>
> Tel. 02-6207-1159,1160
>
> Fax. 02-6207-1161
>
> E-mail. swhwang@linuxdata.co.kr
>
> 서울시 강남구 삼성동 166-5 홍선빌딩 2F
>
> 우:135-090
>
>

_______________________________________________
Linux-ha-japan mailing list
Linux-ha-japan@lists.sourceforge.jp
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/linux-ha-japan
_______________________________________________
Linux-ha-japan mailing list
Linux-ha-japan@lists.sourceforge.jp
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/linux-ha-japan
Re: timeout値とdeadtime値の設定に関して。 [ In reply to ]
黄さん

こんにちは、山内です。

まず、timeout(30s)とdeadtime(60s)の扱いが異なるので優先という意味では違うと思います。

①timeout(30s)の扱い
monitorのoperationを例にして書きますが、これは、設定されているinterval毎にmonitor処理を実行して、30sの応答がない場合に発生します。

②deadtime(60s)の扱い
クラスタ動作中に常にノード間でのHeartbeat通信を実行しているのですが、この通信が60s間途切れた場合に発生します。

上記の通りで扱いが異なります。
ですが、どちらの場合でも、故障後(stopなどの設定によりますが)に、該当ノードでリソースが起動していた場合には、通常フェイルオーバー(待機系へのリソース移動)の動作を始めます。

> 今回、障害が起きたサーバはtimeout = 60で設定されていましたが、Heartbeatの 誤動作のため、 DB Connection failが起きました。
> timeout = 60も設定されているのに、 Heartbeatは現用系のeth1がdeadしたと判断して、 failoverをすすめ、結局、Split-Brain状態になりました。
>
> Split-Brain状態を防ぐ根本的な解決策はあるんでしょうか?

上記の状況から判断すると、「eth1がdead」となっているので、こちらは、deadtimeが有効になってフェイルオーバーをしたことになります。
#先の②が発生して、①は発生していない。
#どちらも設定によっては、フェイルオーバーは起きますので、正しい動作をいえば正しい動作です。

誤動作で「eth1がdead」となってフェイルオーバーが発生したのであれば、その原因を回避することですが、
Split-Brainを回避するということであれば、stonithの利用をお勧めします。

stonithを設定することによって、「eth1がdead」し、リソース起動しているノードがdeadと判定された後、フェイルオーバー前に待機系ノードがまずは、リソース起動しているノードをリセット(電源断など)することによって、リソースを解放することが出来ます。


お使いのHeartbeatは2.1.3とかなり古いバージョンですね。
現状、Heartbeatの環境をお使いになるのであれば、バグや動作不具合などを回避する為にも、Heartbeat+Pacemakerでのクラスタ構築をお勧めします。

#DRBDのあたりの設定については、詳しくありませんので、他の方からのコメントにゆだねます。

以上です。


--- On Wed, 2012/12/26, 황세원 <swhwang@linuxdata.co.kr> wrote:

> 山内さん、
> おはようございます。
>
> 黄です。
> メールありがとうございます。
>
> また、質問がありますが、
> もし、timeout = 30    deatime = 60だと設定されていると、障害が起こったと仮定したら、どちらを優先すべきですか?(例;30秒後にfailover or 60秒後にfailover)
>
> 今回、障害が起きたサーバはtimeout = 60で設定されていましたが、Heartbeatの 誤動作のため、 DB Connection failが起きました。
> timeout = 60も設定されているのに、 Heartbeatは現用系のeth1がdeadしたと判断して、 failoverをすすめ、結局、Split-Brain状態になりました。
>
> Split-Brain状態を防ぐ根本的な解決策はあるんでしょうか?
>
> システム情報は以下になります。
>
> システム情報
> OS Version:Red Hat Enterprise Linux Server release 5.4 (Tikanga)
> Kernel version:2.6.18-194.el5xen
> Memory:8GB
>
> Software情報
> MySQLバージョン;MySQL-community 5.5.25a
> DRBD バージョン:8.3.8.1
> Heartbeatバージョン:2.1.3
>
> 構成
> xxdb1 (Active) , xxdb2 (Standby)
> DRBD : /dev/drbd0 /MYSQL_DATA
> MySQL
> VIP :  172.18.79.26 / Heartbeat VIP : 200.200.200.151
>
> 以上、教えをお願いいたします。
> 黄世元
>
>
> ==============================
> (주)리눅스데이타시스템
> 컨설팅사업부 DB팀 과장 황세원
> Mobile. 010-6718-1196
> Tel. 02-6207-1159,1160
> Fax. 02-6207-1161
> E-mail. swhwang@linuxdata.co.kr
> 서울시 강남구 삼성동 166-5 홍선빌딩 2F
> 우:135-090
>
> -----Original Message-----
> From: linux-ha-japan-bounces@lists.sourceforge.jp [mailto:linux-ha-japan-bounces@lists.sourceforge.jp] On Behalf Of renayama19661014@ybb.ne.jp
> Sent: Wednesday, December 19, 2012 9:10 AM
> To: linux-ha-japan@lists.sourceforge.jp
> Subject: Re: [Linux-ha-jp] timeout値とdeadtime値の設定に関して。
>
> 黄さん
>
> こんにちは、山内です。
>
> > timeout値とdeadtime値の中で、優先順位が高い設定値はどちでしょうか?
> >
> > timeout値 とdeadtime値の 相関関係に関して、教えていただけましょうか?
>
> cibの中のtimeoutが各リソースのop設定のtimeoutのことを言っていると仮定して
> 回答します。
>
> timeoutとdeadtimeの値に関係はありません。
>
> deadtimeは、ノード間のHeartbeat通信が切れた後、そのノードがクラスタ構成からいなくなったことを判断する値になります。(ノード離脱判定値)
>
> timeoutは、リソースの操作(start,monitor,stop)を実行してから、その応答がない場合のタイムアウト判定値になります。(リソース操作判定値)
>
> 以上です。
>
>
>
> --- On Tue, 2012/12/18, 황세원 <swhwang@linuxdata.co.kr> wrote:
>
> >
> >
> >
> > お疲れ様です。
> >
> > 黄です。
> >
> >   
> >
> > 現在、運用している、システムの環境は以下になります。
> >
> >   
> >
> > システム情報
> >
> > OS Version:Red Hat Enterprise Linux Server release 5.4 (Tikanga)
> >
> > Kernel version:2.6.18-194.el5xen
> >
> > Memory:8GB
> >
> >   
> >
> > Software情報
> >
> > MySQLバージョン;MySQL-community 5.5.25a
> >
> > DRBD バージョン:8.3.8.1
> >
> > Heartbeatバージョン:2.1.3
> >
> >   
> >
> > 構成
> >
> > xxdb1 (Active) , xxdb2 (Standby)
> >
> > DRBD : /dev/drbd0 /MYSQL_DATA
> >
> > MySQL
> >
> > VIP :  172.18.79.26 / Heartbeat VIP : 200.200.200.151
> >
> >   
> >
> > Heartbeatのcib.xmlファイルを見ると、timeoutという設定値があります。
> >
> > Ha.cfを見るとdeadtime値があります。
> >
> > timeout値とdeadtime値の中で、優先順位が高い設定値はどちでしょうか?
> >
> > timeout値 とdeadtime値の 相関関係に関して、教えていただけましょうか?
> >
> >   
> >
> > 以上、よろしくお願いいたします。
> >
> > 黄世元
> >
> >   
> >
> >   
> >
> > ==============================
> >
> > (주)리눅스데이타시스템
> >
> > 컨설팅사업부 DB팀 과장 황세원
> >
> > Mobile. 010-6718-1196
> >
> > Tel. 02-6207-1159,1160
> >
> > Fax. 02-6207-1161
> >
> > E-mail. swhwang@linuxdata.co.kr
> >
> > 서울시 강남구 삼성동 166-5 홍선빌딩 2F
> >
> > 우:135-090
> >
> >   
>
> _______________________________________________
> Linux-ha-japan mailing list
> Linux-ha-japan@lists.sourceforge.jp
> http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/linux-ha-japan

>

_______________________________________________
Linux-ha-japan mailing list
Linux-ha-japan@lists.sourceforge.jp
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/linux-ha-japan
Re: timeout値とdeadtime値の設定に関して。 [ In reply to ]
黄さん

こんにちは、山内です。

2.1.3の頃だと、stonithについては、あまり良い例がみあたらないのですが、

http://linux-ha.org/ja/ExternalStonithPlugins_ja

あたりなど参考にされると雰囲気はわかるかも知れません。

詳細な設定は、本家のMLや日本語のMLの過去の投稿などから設定で参考に出来るものがあると思います。

以上です。

--- On Wed, 2012/12/26, renayama19661014@ybb.ne.jp <renayama19661014@ybb.ne.jp> wrote:

> 黄さん
>
> こんにちは、山内です。
>
> まず、timeout(30s)とdeadtime(60s)の扱いが異なるので優先という意味では違うと思います。
>
> ①timeout(30s)の扱い
>    monitorのoperationを例にして書きますが、これは、設定されているinterval毎にmonitor処理を実行して、30sの応答がない場合に発生します。
>
> ②deadtime(60s)の扱い
>   クラスタ動作中に常にノード間でのHeartbeat通信を実行しているのですが、この通信が60s間途切れた場合に発生します。
>
> 上記の通りで扱いが異なります。
> ですが、どちらの場合でも、故障後(stopなどの設定によりますが)に、該当ノードでリソースが起動していた場合には、通常フェイルオーバー(待機系へのリソース移動)の動作を始めます。
>
> > 今回、障害が起きたサーバはtimeout = 60で設定されていましたが、Heartbeatの 誤動作のため、 DB Connection failが起きました。
> > timeout = 60も設定されているのに、 Heartbeatは現用系のeth1がdeadしたと判断して、 failoverをすすめ、結局、Split-Brain状態になりました。
> >
> > Split-Brain状態を防ぐ根本的な解決策はあるんでしょうか?
>
> 上記の状況から判断すると、「eth1がdead」となっているので、こちらは、deadtimeが有効になってフェイルオーバーをしたことになります。
> #先の②が発生して、①は発生していない。
> #どちらも設定によっては、フェイルオーバーは起きますので、正しい動作をいえば正しい動作です。
>
> 誤動作で「eth1がdead」となってフェイルオーバーが発生したのであれば、その原因を回避することですが、
> Split-Brainを回避するということであれば、stonithの利用をお勧めします。
>
> stonithを設定することによって、「eth1がdead」し、リソース起動しているノードがdeadと判定された後、フェイルオーバー前に待機系ノードがまずは、リソース起動しているノードをリセット(電源断など)することによって、リソースを解放することが出来ます。
>
>
> お使いのHeartbeatは2.1.3とかなり古いバージョンですね。
> 現状、Heartbeatの環境をお使いになるのであれば、バグや動作不具合などを回避する為にも、Heartbeat+Pacemakerでのクラスタ構築をお勧めします。
>
> #DRBDのあたりの設定については、詳しくありませんので、他の方からのコメントにゆだねます。
>
> 以上です。
>
>
> --- On Wed, 2012/12/26, 황세원 <swhwang@linuxdata.co.kr> wrote:
>
> > 山内さん、
> > おはようございます。
> >
> > 黄です。
> > メールありがとうございます。
> >
> > また、質問がありますが、
> > もし、timeout = 30    deatime = 60だと設定されていると、障害が起こったと仮定したら、どちらを優先すべきですか?(例;30秒後にfailover or 60秒後にfailover)
> >
> > 今回、障害が起きたサーバはtimeout = 60で設定されていましたが、Heartbeatの 誤動作のため、 DB Connection failが起きました。
> > timeout = 60も設定されているのに、 Heartbeatは現用系のeth1がdeadしたと判断して、 failoverをすすめ、結局、Split-Brain状態になりました。
> >
> > Split-Brain状態を防ぐ根本的な解決策はあるんでしょうか?
> >
> > システム情報は以下になります。
> >
> > システム情報
> > OS Version:Red Hat Enterprise Linux Server release 5.4 (Tikanga)
> > Kernel version:2.6.18-194.el5xen
> > Memory:8GB
> >
> > Software情報
> > MySQLバージョン;MySQL-community 5.5.25a
> > DRBD バージョン:8.3.8.1
> > Heartbeatバージョン:2.1.3
> >
> > 構成
> > xxdb1 (Active) , xxdb2 (Standby)
> > DRBD : /dev/drbd0 /MYSQL_DATA
> > MySQL
> > VIP :  172.18.79.26 / Heartbeat VIP : 200.200.200.151
> >
> > 以上、教えをお願いいたします。
> > 黄世元
> >
> >
> > ==============================
> > (주)리눅스데이타시스템
> > 컨설팅사업부 DB팀 과장 황세원
> > Mobile. 010-6718-1196
> > Tel. 02-6207-1159,1160
> > Fax. 02-6207-1161
> > E-mail. swhwang@linuxdata.co.kr
> > 서울시 강남구 삼성동 166-5 홍선빌딩 2F
> > 우:135-090
> >
> > -----Original Message-----
> > From: linux-ha-japan-bounces@lists.sourceforge.jp [mailto:linux-ha-japan-bounces@lists.sourceforge.jp] On Behalf Of renayama19661014@ybb.ne.jp
> > Sent: Wednesday, December 19, 2012 9:10 AM
> > To: linux-ha-japan@lists.sourceforge.jp
> > Subject: Re: [Linux-ha-jp] timeout値とdeadtime値の設定に関して。
> >
> > 黄さん
> >
> > こんにちは、山内です。
> >
> > > timeout値とdeadtime値の中で、優先順位が高い設定値はどちでしょうか?
> > >
> > > timeout値 とdeadtime値の 相関関係に関して、教えていただけましょうか?
> >
> > cibの中のtimeoutが各リソースのop設定のtimeoutのことを言っていると仮定して
> > 回答します。
> >
> > timeoutとdeadtimeの値に関係はありません。
> >
> > deadtimeは、ノード間のHeartbeat通信が切れた後、そのノードがクラスタ構成からいなくなったことを判断する値になります。(ノード離脱判定値)
> >
> > timeoutは、リソースの操作(start,monitor,stop)を実行してから、その応答がない場合のタイムアウト判定値になります。(リソース操作判定値)
> >
> > 以上です。
> >
> >
> >
> > --- On Tue, 2012/12/18, 황세원 <swhwang@linuxdata.co.kr> wrote:
> >
> > >
> > >
> > >
> > > お疲れ様です。
> > >
> > > 黄です。
> > >
> > >   
> > >
> > > 現在、運用している、システムの環境は以下になります。
> > >
> > >   
> > >
> > > システム情報
> > >
> > > OS Version:Red Hat Enterprise Linux Server release 5.4 (Tikanga)
> > >
> > > Kernel version:2.6.18-194.el5xen
> > >
> > > Memory:8GB
> > >
> > >   
> > >
> > > Software情報
> > >
> > > MySQLバージョン;MySQL-community 5.5.25a
> > >
> > > DRBD バージョン:8.3.8.1
> > >
> > > Heartbeatバージョン:2.1.3
> > >
> > >   
> > >
> > > 構成
> > >
> > > xxdb1 (Active) , xxdb2 (Standby)
> > >
> > > DRBD : /dev/drbd0 /MYSQL_DATA
> > >
> > > MySQL
> > >
> > > VIP :  172.18.79.26 / Heartbeat VIP : 200.200.200.151
> > >
> > >   
> > >
> > > Heartbeatのcib.xmlファイルを見ると、timeoutという設定値があります。
> > >
> > > Ha.cfを見るとdeadtime値があります。
> > >
> > > timeout値とdeadtime値の中で、優先順位が高い設定値はどちでしょうか?
> > >
> > > timeout値 とdeadtime値の 相関関係に関して、教えていただけましょうか?
> > >
> > >   
> > >
> > > 以上、よろしくお願いいたします。
> > >
> > > 黄世元
> > >
> > >   
> > >
> > >   
> > >
> > > ==============================
> > >
> > > (주)리눅스데이타시스템
> > >
> > > 컨설팅사업부 DB팀 과장 황세원
> > >
> > > Mobile. 010-6718-1196
> > >
> > > Tel. 02-6207-1159,1160
> > >
> > > Fax. 02-6207-1161
> > >
> > > E-mail. swhwang@linuxdata.co.kr
> > >
> > > 서울시 강남구 삼성동 166-5 홍선빌딩 2F
> > >
> > > 우:135-090
> > >
> > >   
> >
> > _______________________________________________
> > Linux-ha-japan mailing list
> > Linux-ha-japan@lists.sourceforge.jp
> > http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/linux-ha-japan
>
> >
>
> _______________________________________________
> Linux-ha-japan mailing list
> Linux-ha-japan@lists.sourceforge.jp
> http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/linux-ha-japan
>

_______________________________________________
Linux-ha-japan mailing list
Linux-ha-japan@lists.sourceforge.jp
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/linux-ha-japan
Re: timeout値とdeadtime値の設定に関して。 [ In reply to ]
黄さん

こんにちは、山内です。

参考までに手元にあった2.1.4で使っていたstonith有りの設定のサンプルcib.xmlを開示します。
#ただし、動作確認したわけではありませんので、修正の必要があるかも知れません。

(サンプルの構成)
ACT/STB構成(Host01がACT,Host02がSTB)
リソースはgrpDummyで構成
stonithにはexternal/ssh(heartbeatに存在するstonithモジュール)を利用
リソースgrpDummyのstopで故障が発生するか(stopのon_fail=fence)、クラスタ構成中に
相手ノードがdead検出されるとstonithが発動します。
#ただし、この設定のままでは、相打ちが発生する可能性がありますので、Linux-HA JapanでHeartbeat用に開示されている拡張リソースエージェント・プラグイン (hb-extras)
に含まれるstonith-wrapper(http://sourceforge.jp/projects/linux-ha/releases/50887/note)を利用して相打ちを回避する必要があります。

(サンプルcib.xml)
<cib admin_epoch="0" epoch="0" num_updates="0">
<configuration>
<crm_config>
<cluster_property_set id="cib-bootstrap-options">
<attributes>
<nvpair id="cib-bootstrap-options-no-quorum-policy" name="no-quorum-policy" value="ignore"/>
<nvpair id="cib-bootstrap-options-stonith-enabled" name="stonith-enabled" value="true"/>
<nvpair id="cib-bootstrap-options-default-resource-stickiness" name="default-resource-stickiness" value="INFINITY"/>
<nvpair id="cib-bootstrap-options-default-resource-failure-stickiness" name="default-resource-failure-stickiness" value="-INFINITY"/>
<nvpair id="cib-bootstrap-options-default-action-timeout" name="default-action-timeout" value="120s"/>
<nvpair id="cib-bootstrap-options-startup-fencing" name="startup-fencing" value="true"/>
</attributes>
</cluster_property_set>
</crm_config>
<nodes/>
<resources>
<group id="grpDummy">
<instance_attributes id="grpDummy-instance_attributes">
<attributes/>
</instance_attributes>
<primitive class="ocf" id="prmDummy" provider="heartbeat" type="Dummy">
<instance_attributes id="prmDummy-instance_attributes">
<attributes/>
</instance_attributes>
<operations>
<op id="prmDummy-stop" name="stop" on_fail="fence" timeout="60s"/>
<op id="prmDummy-monitor" interval="10s" name="monitor" on_fail="restart" timeout="90s"/>
<op id="prmDummy-start" name="start" on_fail="restart" prereq="fencing" timeout="300s"/>
</operations>
</primitive>
</group>
<primitive class="stonith" id="prmStonithN1" provider="heartbeat" resource_stickiness="INFINITY" type="external/ssh">
<instance_attributes id="prmStonithN1-instance_attributes">
<attributes>
<nvpair id="prmStonithN1-instance_attributes-hostlist" name="hostlist" value="Host01"/>
</attributes>
</instance_attributes>
<operations>
<op id="prmStonithN1-stop" name="stop" timeout="90s"/>
<op id="prmStonithN1-monitor" interval="10s" name="monitor" timeout="90s"/>
<op id="prmStonithN1-start" name="start" prereq="nothing" timeout="90s"/>
</operations>
</primitive>
<primitive class="stonith" id="prmStonithN2" provider="heartbeat" resource_stickiness="INFINITY" type="external/ssh">
<instance_attributes id="prmStonithN2-instance_attributes">
<attributes>
<nvpair id="prmStonithN2-instance_attributes-hostlist" name="hostlist" value="Host02"/>
</attributes>
</instance_attributes>
<operations>
<op id="prmStonithN2-stop" name="stop" timeout="90s"/>
<op id="prmStonithN2-monitor" interval="10s" name="monitor" timeout="90s"/>
<op id="prmStonithN2-start" name="start" prereq="nothing" timeout="90s"/>
</operations>
</primitive>
</resources>
<constraints>
<rsc_location id="grpDummy-node1" rsc="grpDummy">
<rule id="grpDummy-node1-rule:1" score="200">
<expression attribute="#uname" id="grpDummy-node1-rule:1-expression:1" operation="eq" value="Host01"/>
</rule>
</rsc_location>
<rsc_location id="grpDummy-node2" rsc="grpDummy">
<rule id="grpDummy-node2-rule:1" score="100">
<expression attribute="#uname" id="grpDummy-node2-rule:1-expression:1" operation="eq" value="Host02"/>
</rule>
</rsc_location>
<rsc_location id="prmStonithN1-node6" rsc="prmStonithN1">
<rule id="prmStonithN1-node6-rule:1" score="-INFINITY">
<expression attribute="#uname" id="prmStonithN1-node6-rule:1-expression:1" operation="eq" value="Host01"/>
</rule>
</rsc_location>
<rsc_location id="prmStonithN2-node7" rsc="prmStonithN2">
<rule id="prmStonithN2-node7-rule:1" score="-INFINITY">
<expression attribute="#uname" id="prmStonithN2-node7-rule:1-expression:1" operation="eq" value="Host02"/>
</rule>
</rsc_location>
</constraints>
</configuration>
<status/>
</cib>



--- On Wed, 2012/12/26, renayama19661014@ybb.ne.jp <renayama19661014@ybb.ne.jp> wrote:

> 黄さん
>
> こんにちは、山内です。
>
> 2.1.3の頃だと、stonithについては、あまり良い例がみあたらないのですが、
>
> http://linux-ha.org/ja/ExternalStonithPlugins_ja
>
> あたりなど参考にされると雰囲気はわかるかも知れません。
>
> 詳細な設定は、本家のMLや日本語のMLの過去の投稿などから設定で参考に出来るものがあると思います。
>
> 以上です。
>
> --- On Wed, 2012/12/26, renayama19661014@ybb.ne.jp <renayama19661014@ybb.ne.jp> wrote:
>
> > 黄さん
> >
> > こんにちは、山内です。
> >
> > まず、timeout(30s)とdeadtime(60s)の扱いが異なるので優先という意味では違うと思います。
> >
> > ①timeout(30s)の扱い
> >    monitorのoperationを例にして書きますが、これは、設定されているinterval毎にmonitor処理を実行して、30sの応答がない場合に発生します。
> >
> > ②deadtime(60s)の扱い
> >   クラスタ動作中に常にノード間でのHeartbeat通信を実行しているのですが、この通信が60s間途切れた場合に発生します。
> >
> > 上記の通りで扱いが異なります。
> > ですが、どちらの場合でも、故障後(stopなどの設定によりますが)に、該当ノードでリソースが起動していた場合には、通常フェイルオーバー(待機系へのリソース移動)の動作を始めます。
> >
> > > 今回、障害が起きたサーバはtimeout = 60で設定されていましたが、Heartbeatの 誤動作のため、 DB Connection failが起きました。