PE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0 Transitional//EN"> レプリカオメガ 週刊少年ジャンプ2017No26 感想 鬼滅の刃 上弦参!!参上!!!!!!|漫画家志望あっぱくん gigssjlk

週刊少年ジャンプ2017No26 感想 鬼滅の刃 上弦参!!参上!!!!!!|漫画家志望あっぱくん レプリカオメガ

Ameba新規登録(無料)

漫画家志望あっぱくん

漫画家志望ジャンプルーキーに投稿中。 LINEスタンプクリエイター。

«  週刊少年ジャンプ2・・・ 週刊少年ジャンプ2・・・  »

週刊少年ジャンプ2017No26 感想 鬼滅の刃 上弦参!!参上!!!!!!

2017-05-29 22:35:59
テーマ: マンガ

 

上弦参

 

ヤバかったわ

 

マジでビビったわ

 

ほんとに上弦だったのかい!!!!!!

 

 

今日が鬼滅の刃人気投票の最終日か・・・

 

ほんとに誰に入れるか悩みすぎたな

である事に気づいて潔く投稿出来たぜ

 

やっぱりあの人しか最初からいなかったのさ

 




 

「 火ノ丸相撲 」表紙

 

 


・ONE PIECE
・トリコ
・磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
・斉木楠雄のΨ難
・食戟のソーマ
・火ノ丸相撲
・ニセコイ
・ワールドトリガー
・HUNTER×HUNTER(再会)
・僕のヒーローアカデミア
・ブラッククローバー
・背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
・左門くんはサモナー
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・鬼滅の刃
・約束のネバーランド

・歪のアマルガム

・青春兵器ナンバーワン

・ デモンズプラン

・オレゴラッソ

・ぼくたちは勉強ができない

・新連載U19

・ポロの留学記

・腹ペコのマリー

・Dr.STONE

・ROBOT×LASERBEAM

 

 

 

 

鬼滅の刃


 
63話目

 

ヤバいなめっちゃくちゃ

はちゃめちゃ面白かった今週の鬼滅

 

なんだろう・・・

 

この展開だと普通上弦の六とか五とか出すのが

 

セオリーだと思うんだけどまぁせめて四かな

 

それが吾峠先生

 

上弦参

 

 

出してきたから

 

マジでビビったたわ

 

あのCカラーの上弦参の迫力ヤバすぎたわ

ちょっとピンクがかった髪もかわいくて好きだったな

 

キャラデザはけっこうだいぶ攻めてたな

 

三だから縞模様かのかなぁ

 

あの八の字眉がほんとにかわいかったなぁ

 

吾峠先生のキャラの眉がほんと好きだわ

 

あの八の字眉最高だわ

 

 

 

かっこいいし最高だったな

 

衝撃ヤバすぎたわ今週

 

至高の領域

 

なんだろうスーパーサイヤ人みたいな事なんだろうか

 

ヤバいわ炭治郎とかも至高の領域になるんだろうな

 

いつか楽しみだなぁ

 

上弦やっぱしキャラほんとよかったな

 

中身もちょっとイカレてる感じがほんと好きだったな

 

戦闘狂か

 

まぁでも言いたい事もわかるよ上弦の

 

何百年と鍛錬するってそれは実力差出るわな

 

煉獄さんだって超修行したとしても十数年やろ

 

修行の時間が桁違いすぎるわな

 

そんな化け物みたいなヤツに勝てるわけがないよ

 

なんか今週で煉獄さんの事めちゃ好きになってたわ

 

バトルシーンすごかった

 

なんだろう

 

すごい良い事こと言ってた気がする

 

人間は儚いから愛おしいとか

 

でもそこで改めて気づくんだけど

 

煉獄さん=吾峠先生の深層心理

 

吾峠先生の考えだっていう事だよね

 

たどり着くのは・・・それに気づくとほんとに泣けてくるな

 

煉獄さんには死なないでほしいな

 

炭治郎の刀がないのが気になるなぁ

なんでだろう?

 

早く日の出でてくれ

 

 

こーいう展開超大好きだな

ハラハラ感ハンパないな

 

 

 

 

 

 

 

巻末コメント

誕生日の祝いのお手紙、プレゼントありがとうございます。感謝の鬼です。

 


ツイッターで

吾峠先生に誕生日祝いできてよかったなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼滅の刃 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)

6巻はマジで贅沢すぎる回

柱が出てくるだけでもう超楽しい

 

 

佐藤に送ってはいけないスタンプ。 - クリエイターズスタンプ

https://store.line.me/stickershop/product/1372684/ja

 

ありがとう

 

 

 


ゲス。 - 少年ジャンプルーキー
http://rookie.shonenjump.com/series/FlR8CfEI9Ws

 

ジャンプルーキーに出したゲス。ここから読めます。↑↑↑

 

 

(゚∀゚)アヒャアヒャ

 

 

 

AD いいね! コメントする リブログする いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート

あっぱくんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる « 週刊少年ジャンプ2・・・  |  記事一覧  |  週刊少年ジャンプ2・・・ » 最近の画像つき記事   もっと見る >> «  週刊少年ジャンプ2・・・ 週刊少年ジャンプ2・・・  » [ コメント記入欄を表示 ]

コメント

コメントする «  週刊少年ジャンプ2・・・ 週刊少年ジャンプ2・・・  »

AD

プロフィール あっぱくん プロフィール | ピグの部屋 ペタ

ランキング

全体ブログランキング 85,133 位 ↓ アニメ・マンガレビュージャンル 299 位 ↓ AD
お気に入りブログ 一覧を見る ブックマーク 最近のコメント RSS ※著作権についてのご注意 AD 最新の記事 一覧を見る

画像一覧を見る

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村






























テーマ 一覧を見る カレンダー << 10月 >> 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 月別 一覧を見る このブログの読者 読者数: 318 一覧を見る 読者になる 読者になると、このブログの更新情報が届きます。
レプリカオメガ

replica expensive watches
omega relojes hombres
フェイクオメガ
replica dames omega horloges
breitling navitimer monde

ミッドシーズンの大型アップデートまとめ。その1。

ミッドシーズンの大型アップデートまとめ。その1。

2016-05-01 17:40:49

該当記事へ

このLoL記事の概要:
はい。MAGE UPDATE.ミッドシーズンマジック!とか言うタイトルで公式にも出てますね。http://jp.leagueoflegends.com/ja/featured/mid-season-magic公式で出てない奴とか、もうちょっと詳しい数値が出てるのは以下。http://www.surrenderat20.net/2016/04/419-pbe-update.html#moreというわけでパラパラっとそこらへんを見てみようかなっていう記事。さらっと概要だけ見たいって言う人はこちらとか良いと思います。http://lolyarou.net/archives/794AniviaAniviaといえばAnivia専の方がやってるブログがありますが、ReworkはLiveサーバーに適応されてから語るとのこと。http://blog.livedoor.jp/anivia/さてAniviaの変更ですが、公式では「ブリザード」は時間と共に拡大し、最大サイズになると追加ダメージを与えるようになりました。って書いてます。Champ reworkというよりもULT Reworkっぽい説明ですが、ULTの変更がデカイです。その他の変更としてはRiotがあのどうしようもなかったAAに手を加えようとしたって事、Qのダメージが減ったけどStunとSlowが良くなった、後ULTの変更。AAはより使いやすく。Qは基礎ダメージが60/90/120/150/180→60/85/110/135/160へ。Ratioは.5から.4へ。Stunは1秒からスキルlvl依存の1.1/1.2/1.3/1.4/1.5秒に。SlowはUlt依存の%。EとULTの射程がAAと同じになったとかも。ULTの変更はAS低下が消えたのとSlowがスキルlvlで増加(元々20%が20/30/40%に)するように。後は、ULTが育ちきった時は氷のピキピキが2秒に、そしてダメージとSlowが50%増加じゃないでしょうか。ULTはこんなん。QのStun長くしたから、その間にULT育ててねっていうノリじゃないですか。Qも回避出来るし、ULTも即離脱出来るっていう相手が来たら死ぬと思います。AnnieAnnieといえば熱狂的なファンがいるイメージがありますね。とりあえずとんでもなくAnnieに感心を持つ方のブログがすでにあるので興味がある人は以下参照に。変更点まとめ。http://taruannie.blog.fc2.com/blog-entry-669.htmlそれに対する考察。http://taruannie.blog.fc2.com/blog-entry-670.html公式の説明だとスタンした相手を熊が殴り殺す感じにしましたって書いてます。変更としては、Wの射程増加、Eの大幅なBuff、ULTの変更と言った所。詳細は上記のURLから見たほうが早いかと思います。1行にまとめると、Annieが硬くて非力になった代わりに熊が凶暴化したって感じじゃないですか。北海道出身の人からすると恐怖ですね。死んだSionを召喚するみたいな感じなので、Kite能力が低いと熊にDPS出されてボコボコにされます。こんな感じ。 ãƒ—レイスタイルもたるぼうさんの記事にまとめられてるように、1コンの起点となるULTの火力が基礎ダメージ、AP ratio共に削られたので一発ドンで死んだわーっていうのは少なくなりそうです。Kite出来ないやつ殺すMageじゃないですかね。何より面白いのが、EがDamage reductionになったこと。数値としては16/22/28/34/40%こんな感じ。lvl5まで上げるとダメージ40%軽減。計算が同じか知りませんが、AlistarのULTが70%軽減なのでまあ結構硬いんじゃないですか。GarenのW(30%軽減)よりも強そう。Brandブランドのシーズン半ばの変更は、全世界を復讐の炎で包むためのものです。単独の敵を蒸発させるのは今までより困難になるでしょうが、複数の敵を相手にする場合は、その炎がまとめて焼き尽くしてしまうことでしょう。公式より。単体Burstがしょぼくなった代わりに、AOEで出せるダメージ増やしたよっていうRework.Passiveのダメージ調整と新Stack制度が売り。Passiveが3回までStackするようになって、前までは燃やせばMax Healthの8%だったけど、変更後は1つのStack毎に2%って言う感じ。Stack MAXまで貯まると2秒で爆発してAOEダメージ(BrandのlvlとAP依存のMax health割合)が出る。Stack維持時間はDoT効果中の4秒なので、まとめて当てないと爆発しない。こんな感じ。RaptorのちっこいのにミスってQ当ててる時は爆発してない。YasuoのEみたいに連続使用は出来ない。4秒間の制限あり。Qは基礎もRatioã‚‚Nerf。Stun秒数も2秒から1.5秒になるっていうとことんNerf。その代わり趣旨であるAOEスキルのWはlvlによってCDが減少してMana Costも減る。EはCDちょっと短くなったけども、基礎とRatioがNerf。ULTも基礎とRatioが死んだけどSlowが付くように。Passive爆発のダメージ計算がいまいち正しいかどうかわからないと書いてあるので、正直Blazeのダメージ次第な気がする。とりあえずレーンだとQWE当てないとBlaze発動しないので、前みたいなレーン強者でいるためには難易度がちょっと上がったイメージが。逆に集団戦ではBlaze爆破しまくれば強そうな気がします。レーンから集団戦でのダメージに目を向けたReworkじゃないですか。 Cass敵チームがネズミのようにすばしっこいなら、カシオペアこそ頼るべきヘビです。カシオペアには、全く新しい行動妨害、「釘付け」の能力を与えました。この「釘付け」の効果時間中、敵は「フラッシュ」やダッシュスキルはおろか、味方のスレッシュのランタンを掴むことすらできず、安全地帯に逃げるための一切の手段を封じられてしまうのです。公式より。この通知通り一番大きな変更はW。とりあえずPassiveから。靴買えないけどMS上がりますっていう蛇のための調整。次にQ。序盤におけるMana cost増加した。40/50/60/70/80→60/65/70/75/80。その分ダメージやCDとか、諸々がBuffされたって感じ。序盤にこのスキルを当てようねっていう調整に感じます。序盤、Skill当てるのが下手だとManaが辛くなりました。次に目玉のW。CDとMana costへのNerfですが、移動スキルで離脱できなくなるっていうフィールドを展開する感じの新しいスキル。こんなん。Ranged版のPoppy Wと言った所。違う点はDashのみじゃなくてBlinkまで使用不可になる点。なのでFlashも使用不可能に。ただ、これを飛び越える時どうなるのかって言うとリサーチ不足でよくわからない。恐らくBlink系は飛び越える事が出来るけど、Dash系は途中で止まるようになるんじゃないかな?っていう予想。VeigerのStunみたいな感じで。EはMana costの調整と、CDの固定。0.9秒。これでCS取るとMana回復というかManaバックで、毒の相手に攻撃するとHealth回復と追加ダメージ。毒じゃない相手に使ってもハエの体当たりくらいしかダメージが出ない。今と違ってスタック貯めなくてもHealth回復が可能に。AnnieのようにEでCS取るとマナが戻ってくる、序盤から毒相手に攻撃するとHealth回復、そしてその基盤であるEのCDが固定されたので、難易度が死ぬほど下がったと思う。思ったよりも長くなったのでとりあえず終わり。  

近い時期に投稿された記事

ミッドシーズンの大型アップデートまとめ。最後編。

ミッドシーズンの大型アップデートまとめ。最後編。

2016-05-01 17:40:49

該当記事へ

このLoL記事の概要:
続きの続き。の前に、最近Reworkを受けたMageでどいつが基地外OPに成りあがったのか?っていうのを考察した動画が出ましたので暇な人はどうぞ。https://www.youtube.com/watch?v=HSx5XMbvM_EVELKOZヴェル=コズは長距離射程のダメージソースが欲しい時、または…確定ダメージを与える レーザービームが欲しい時に選ばれるモンスターです!前衛を溶かしてから、後衛を消滅させましょう。―公式より。レーザービームが欲しい時?はよくわかりませんがULT一発屋としての大幅な強化。まずはPassive。AP Ratioが付きました。なので3Stackを相手に付加した場合の追加ダメージは増えました。それに伴いWEのRatioが低下しています。Qはダメージに変更はありませんが、このスキルでKillしたMinionだとかモンスターとか敵Champの数1つにつき、50%Manaが帰ってくるようになりました。そしてスキル予測線が本人にしか見えないように。Q自体はBuff。そして最後に糞ややこしいULT。ダメージ自体はAP Ratio、基礎ダメージともに大きく上昇。500/700/900 + (.6 AP)→550/800/1050 + (1.0 AP)なので、ダメージはすごい上がった。CDも各レベルで10秒減少。Passiveが適応されない代わり、ULT自体に新たなPassiveが付きました。ややこしい。ULT Passiveは、Passive発動させた相手に対してDebuff的なもんを7秒間つけます。このDebuffはAAもしくはスキルによる攻撃で効果時間がリフレッシュされます。そしてこのDebuffがある間は魔法ダメージの代わりにTrue Damageを与えるっていうやつ。要するにDebuff付いてる相手にはQWER全部True。ULTでDebuffが付かないのは残念だけども、Debuff付加した相手への保証されたダメージは半端無い。ただ、Debuff付きの相手じゃないとULT使いにくいっていう感じが付きまとうように。遠くからULTを止めることが出来るChampが敵にいるとただのエロ触手に成り下がるのかな?っていう勝手なイメージ。Debuff付加、維持っていう新しい要素が付いた。Vladブラッドミアがサステイン(回復)中心のブラッドメイジであることは変わりませんが、彼の体力を活用して大ダメージを与える能力を向上させます。―公式。Vladimirと言えばこちら。http://ootoro55.hatenablog.com/おそらく日本語で書かれたサイトの中で、今後Vladの考察が一番多くなるんじゃないかと思われるブログ。Rework後に使ってみたい人は必見?Rework解説については、このブログよりVlad専の人のが見たいって人は以下から。http://ootoro55.hatenablog.com/entry/2016/04/21/054809上記にほとんどまとめられてるので被らない範囲で書いていきます。さて変更点です。StatsとPassiveの変更は全て上記URLにあるため省略。QQの大きな変更は、やはりCrimson Rush.名前も格好良い(中2)けど、やっぱり見えるっていうのはでかいと思います。例えばTFがカードをパラパラしてる状態、Annieのスタックが3つ溜まってる時、Jhinがおもむろに弾数残り1で駆け出した時、結構明確なゾーンがありますよね。うわここ入るとやばい所だっていうゾーンというか、何かプレッシャー。TFとかレーンで弱い弱い言われててもあのカードペラペラで強レーナーとやりあうし、Vladもレーンで強くなるんじゃないの?っていう考え。強くなるというか、ある程度Zoningが前よりも可能になる。後Rush無しQはNerfだけど、Mageとしては前もってRush Qを準備してBurstを高める事が出来るっていうのはメリットだと思いました。Diveの時とか。仕掛けるときとかやりやすそう。E*W中にチャージ可能。こちらも何か見た目が凄く格好良い。前の鼻血飛ばしてるような見た目から大きくBuff。Wよりはマシと言え、現Eと比べるとHealth消費が結構でかい。そしてCDが長い。ダメージはStats次第でかなり強そうではあるものの、前のようなPush力は期待出来ない。Qと合わせると、Burstを出すための準備がしやすくなった。ただおおとろさんの記事にあるように、前もって準備が出来るっていう事がモロバレなのでわからない殺しは難しい。わかってても回避出来ない殺しをする必要が出てきた。ULT旧要素Nerf、回復がついた。ZyraザイラはLoL界きってのコントロールメイジであり、新たな固有スキルでこれまで以上にサモナーズリフトに彼女の花を咲かせることができます。棘の森の手入れをする時間を少しでも確保できれば、彼女が敵のエンゲージに対してカウンターするのを多々見ることができるでしょう。―公式。要するにペット。Malzのカニ、Annieの熊に続いてまたペット。例のごとくAIの性能を良くしましたってやつ。ペットとは名ばかりの魔界の花。まずはStats。MSが最低の325から340になったので、League of マラソンでも泣かないで済む。Passiveなんと最大8個まで種を自動で生成。そしてなんと開花させると、前までよりもまともな知能で戦う花の戦士に。ただしダメージはNerf.QはMana cost Buff、ダメージNerf。そして形がまんまMalのQみたいな感じに。前のような円形のスキルではなくなった。WはPassiveのActive。種を生成することが出来る。種にはVision関連のあれこれがあったけど削除。生成しようが踏みつぶそうがVisionに影響なし。Wのレベルによって花の体力が増加する。Eは据え置き。ULTは範囲内の花をより凶暴に。全体的に何かHeimerみたいになった。特に興味が無いので次。Veigar一番上にあるランキング動画じゃぶっ壊れRework Mage No1.新たな固有スキルにより、ベイガーは敵チャンピオンのキル、アシスト、または 敵チャンピオンにスキルを命中させることで究極の悪(魔力)を獲得します。―公式。Veig UserのTradeするとManaが無くなってStack貯めれないけど、Tradeしないとレーンで死ぬっていう葛藤を一発に解決しちゃった変更。AP増加Passiveが、敵にスキルを当てるでAP1、Kill/Assistで3増えるように。QでCS取ってもAPもらえる。普通のMinionでAP1、でかい奴で2.その代わりと言っては何ですが、存在を感じなかったMana回復Passiveが削除。QWEã‚‚Buff。Mana costが全てのレベル通して減った。現Passive削除の埋め合わせ。間接的にはBuffなのかどうか知らないけど現Passiveとくらべて新Passiveが強すぎるので多分Buff。ULTのMana costも当然減少。大きな変更は2つ。1.敵のAP関係無しになった。2.Excuteスキルになった。2はLeeの2ndQと同じで、死にかけのやつを殺すのが得意になった。前のようにAPガン積みの敵をULT一発で殺すっていうのは無くなったけど、ADの敵だろうが何だろうが死にかけのやつに対する処刑能力は上がった。対AP特化から、オールラウンダーに。OP1位と言われるだけあってかなり使いやすい変更になったと思う。使いやすさでいえばCassと並ぶんじゃないかなって。Xerath敵チャンピオンに「蒼の天弾」が命中した場合、追加の「蒼の天弾」を1発獲得します(最大数制限あり、ランクを上げる度に増加)。―公式より。ただPBEだとこの説明とは全然違って、ただスキルlvlによって弾数が変わるだけ。増える増える詐欺。あとはEのスタンが飛距離によって大きく上下するように。Reworkと呼ぶにはおこがましいレベル。ZiggsULTのCDが減少、Minionに対するダメージが2倍から1倍に。あとはWでタワーを一発破壊できるように。レベルによって一定体力以下のタワーを瞬殺。数値はこれ。25/27.5/30/32.5/35%Siegeの神になれる。元々Pokeが得意で、タワー割るのもMageの中じゃ優秀な方だったので、どうなるのか見もの。チャンピオンはこれで終わり。途中から他の事してて完全にクオリティに差が出てるけど終わり。 

SKT優勝おめでとう。1stDrag取得すると勝率がガン上がりする話。

SKT優勝おめでとう。1stDrag取得すると勝率がガン上がりする話。

2016-05-01 17:40:50

該当記事へ

このLoL記事の概要:
はい。SKT vs Roxの至極当たり前な感想記事。SKT優勝すごいおめでとう。God Bengiが見れないのは非常に残念ですが、凄い。Shot callerであり、世界最強Topなんじゃね?と言われたMarinが抜けたから終わりだーやばいわーとか。何だかんだ言われつつも、LCKの1位を獲得したのは結局SKT。2位はRox。この、大事な試合では確実に調子を整えてくるSKTの能力は半端無いと思います。ちょっと違うかもしれませんが、TSMがIMTに勝った時はすごく衝撃的でした。でもSKTがRoxに勝ったって知っても、やっぱりほえーって感じでした。さて、SKTというかRoxもですが、1stDragonを取った際の勝率が7割超えというか、大体75%と公式試合で表示されてました。凄いですね。とはいっても1stDragon取れば死ぬほど強いのか?って言われると、うーんってなります。ADAP6%上昇で、勝率75%を叩き出せるのかどうかは正直わかりません。6%が塵ってわけじゃ決して無いですがね。雲の上のプレイヤーであれば6%という数字でも、ゲームを決定づけるのには十分な数値なのかもしれません。DragonのStack毎にFakerが付けてる30KGのリストバンドが解除されていくとかなら、ははーんなるほどで済みますが。ただ、6%という数字以外にも考慮にいれる事があると思います。

テンポです。http://lolhahukai.blog.jp/archives/52733107.htmlまあこんな話も書きました。個人的に思うのは、1stDragonを取ればそれだけで勝てるってわけじゃないと思います。重要なのは、序盤に取れる余裕があるってこと。試合のテンポを失わずに、1stDragを拾っていける流れを自然に作って行くゲームメイク能力が凄いんじゃないかと思います。取れるものは取るのがLOLの基本。無理してまで取るのは良くない事ですが。1stDragを取れる、取っても問題ない流れを作って行く時点で勝ちパターンに入ってるわけですね。Drag取っても行けるわっていうある程度の余裕、取った後の6%の数値。たったこれだけの事でゲームの勝率を75%までに引き上げるっていうのは驚異的だと思います。他の要因があるかしれませんがわからないので教えて下さい。韓国といえば小学生ですらネカフェでLOLやってるみたいです。なのでEarly metaと言うかネットカフェ文化というか、序盤に有利を取って早期決着を望む感じのゲームが多いと聞きます。序盤にちょっと差がつくと、はーまじむりおわったわー乙乙GGみたいなノリになるのか知りませんが、ネカフェ代勿体無いから次行こ次みたいな感じなんじゃないですか。プロシーンだと、そこで磨いた序盤の展開掌握力で1stDragを取得、そしてそのままの流れでゲームに勝利っていう形だと思います。プロシーンだと、致命的なミスはまあ無いとは言えませんが少ないです。特にLCKの決勝とかぶっちゃけWorlds決勝と大差無いのでチンパンパンみたいなミスは多分無いです。神々の戦いなのでミスしても、え?何この新しいプレイってなるレベルです。神々しいのでミスしても後光で目ん玉焼かれて見えないです。とにかく、序盤1stDragを獲得するっていう有利を得られさえすれば、そのまま有利を維持というか、むしろSnowballして相手を仕留めるまで持っていけるんだと思います。ミスの少ない高いレベルでのプレイと、ゲームの流れに沿って勝ちパターンを貫くっていう感じだと勝手に思います。凄いですね。逆にSoloQじゃ正直1stDrag取れたから勝てる雰囲気、ってなることはアンマリ無いです。Solo drag方法とかありますが、時間がめちゃくちゃかかってlvlや金銭差が出来ます。他にも当たられるとKill取られるやばいDragだったり。テンポをガッツリ失う、良くないDragがアリます。自分でもよくやりますけどね。テンポを失うDragっていうのは要するに、時間を無駄に使って取るDragということなので、互角の状態なら不利になり、有利な状況でも有利を捨て去ってわざわざ五分五分に戻すようなDragになります。テンポ良く取るDrag方法~とか、そんなのを箇条書きとか、具体的な感じで出せるわけではないので、そういう難しいことはLOLの監視者さんがそのうち詳しい事を書いてくれるんじゃないかなーっていう夢。後はSoloQだとThrowだとかが多いということ。ちょっとしたミスがめちゃくちゃ多いので、付け込まれると試合がひっくり返ったりします。1stDrag取れる多少の有利が有ったとして、それを活かしきれって言われると無理です。変なDeathで有利を放り投げたり、イケイケな状況でも安牌を切ったりしてテンポを失ったり。テンポを加速させて、有利をSnowballさせるっていうのはレートが上がる毎に上達していく技術だと思います。無駄を省いて、有利不利の状況に合わせて、安全なだけではなく適切な行動をするっていうことだと思いますが、難しいというか全然出来ない。出来るようになったらFakerの息子としてLCKに出たいですね。終わり。

Patch6.8の私見

Patch6.8の私見

2016-05-01 17:40:50

該当記事へ

このLoL記事の概要:
TaricRework直後はどうせOPなので説明不要。Ekkoまだ強い。AssassinがメインタグだからAP Ekko運用にしてよっていうNerf。正直な感想としては、ダメージがNerfされたとはいえTank ekkoは柔らかい後衛にとっては脅威になるっていうのは変わらないと思います。機動力と硬さはそのままなので、実際大したNerfじゃないような気がします。AP行くならBuffと取れるんじゃないでしょうか。とりあえずDark sealのスタック貯めればすべて解決。Galio不人気続行。変更無いに等しい。GravesSolo laneでDeath’s DanceとかLS系のアイテム積むのやめない?っていうRiotからの提案。ADCタグ付いてるんだから下山してCrit積んでらしくなろうよっていうやつ。Patchの説明にわざわざIE買うとCritダメージが160%!!って書いてるくらいです。ADC G増やすためのステマ。でもおそらくPick率上がると思います。Kog勝率がかなり高かったのでNerfです。誰も使わないQがちょっとマシになったものの、レーンでの弱体化。後半の強さは消えてません。Lateまで生き残れてPeelしてもらえるなら最強。対面の防御20%カットのためにQ取る人が増えたり、レーンで廃人となるプレイヤーが増えるかもしれません。 YiULTのNerf.Kill/Assist1つでNerf無効化。2つ以上でBuffと考えても良いような気がする。Pentakillガンガン取れる人とかにとっては悪い変更では無いと思います。ただ、戦闘します、よーいドンで使えると最高だけど、追いかけるためにGap closer的な使い方すると、効果時間が短いのでどうにも拙い感じになりそう。Gankの時とか。まあYiはGankしないから別に問題無いか。MFBuff。このBuffで何かが劇的に変わるってわけじゃないですが、使ってる人からすると嬉しいBuffじゃないでしょうか。とりあえずWombo出来そうな構成ならこんなBuff関係なくても強い。OlafWのLS上昇。ULTの耐久度UP。Buff。大体Wは上げるの遅いので、序盤にlvl1だけ取っといてそこそこのSustain得られるのは強いですね。Jungle周っても楽ちんで、TopでもTradeが楽に。数字の地味な変更っぽい気がしますが、実際結構でかいBuffだと思います。結構見るようになるのかなと思ったり。OddoneとReignoverが大喜び。RumbleULTのCDが長くなってから息してませんでしたが、ちょっとマシに。QでのPush力UPと、ULTのCd減少。ただ、CD減少とはいっても一時期めっちゃ強かったころより長いです。ついでにRift heraldとかいう紫が登場して来たし、昔と違ってDragon取ってりゃ勝てるっていう試合が少ないのでなんかパッとしないまま。Dragonに運要素が追加されて重要度が上がりそうなので、Dragon周辺での戦いが頻繁に起こるようになってくると、確実に出てくると思います。とは言え今のところはこれくらいのBuffじゃ大差無い気がします。Qの変更がどうなのかは全然わからないっていう。ちょっとお得くらいのイメージ。 IGのNerfIceborn gauntletの弱体化。ダメージがSheenの比率と同じに。AOEだけど。とりあえずどのChampでもMRのマントみたいなやつと、Sunfireと、IG買っとけばTOP行っても良いよっていう風潮だったので、良い感じだと思います。Ekko含め、全般的にTank Topのダメージ減少。Tank dianaとか、Tank Fizzとかがどうなるのかが気になるところ。QSS剣100G安くなったけど10AD減るよっていうNerf.Nerfされたけど普通にまだ強い。色々便利なStatsとOP Activeが拾えるので、このアイテムを早めに買うのが多かったようです。このNerfはQSSを即アップグレードせずにほかのアイテム行けよっていうメッセージじゃないでしょうか。Corrupting potionHealth回復量が減って、Mana回復量が増える。このアイテムがBuffされたとかNerfされたとかは無いですが、特定のChampに取ってはこの変更が結構大きかったりすると思います。Ekkoなんかはこの変更で間接的にBuffされたChampじゃないでしょうか。NautとかEkkoとか、シールドがあってManaがいっぱい欲しいといったChampにとってはうれしいBuff。とは言えHealth欲しいっていうChampにとっては残念な変更。同じ感じでビスケットもMana寄りになってるみたいです。マスタリーは省略。終わり。 

特定のチャンピオンを習得するに当たってまず最初に知るべき事

特定のチャンピオンを習得するに当たってまず最初に知るべき事

2016-05-01 17:40:51

該当記事へ

このLoL記事の概要:
はい。日本サーバーでPlacementsやりましたがSilver5でした。3勝7敗です。Ashe1回と、Nunu support9回ですね。Nunuとか全然SRで姿を見ませんが、使ってみればその理由は一発で理解出来ますね。さて今回はチャンピオン習熟度の話。Role毎の知識というよりは、特定のチャンピオンを習得するかってときにまず何を知っておいたら良いのかっていう事です。まあ当然ですがWikiを見てどんなスキルかなとか、どんなBuildなのかなっていうのは当然しますが、個人的に最初に知る必要がある事と言えばダメージを出す方法だと思います。チャンピオンを使う際の、戦闘におけるセオリー的な。コンボでも良いです。これを知らないと、当然ダメージを出すのが難しいというか、あれ?動画とかで見た上手い人と違って全然ダメージ出ないよってことになります。一番顕著なのがRivenだと思います。基礎的なことを知っているだけでも大きくダメージアウトプットが変化すると思います。まあRivenは難しすぎて触れられない領域に入ってしまったChampなのでここでは放っておきます。Rivenだけじゃなくて、どんなChampでもセオリーはあります。例えば一番有名なやつとしてはAAを挟んで行こうっていうやつ。AsheとかならAA→W→AAで、一応のBurstが出せます。AD系はこれで追加のAAを挟めるので無いのとあるのじゃちょっと違います。Mageとかでも、序盤はAAのダメージが馬鹿にならないから入れてこうねー見たいなガイドを良く見ます。Thunderlordを発動できるのもメリットだと思います。同じようなのに、AAキャンセルがありますね。AsheのQでも出来ます。Pingに慣れた上手い人とかは、約AA1発分の時間で2発くらい入れてる感じがします。AA+Q+AAみたいな感じで。Asheじゃなくても、SivirとかVayneで同じ事が言えます。Vayneは壁の近くで転がるとすぐにAAが出るとか、E→FlashでKnock backのアングルが調整出来るとか。後ろに下がるだけがKiteじゃないとか。まあ難しいチャンプなのでそういうの多いですね。AAに関する定石は結構共通なので、タイトルからちょっとずれてるかもしれません。他に思いつくやつを上げると、CC当てやすいコンボ。Dopaの解説動画ですっかり有名になってる気がしますが、FizzのQ+ULTコンボ。MinionにQを使って距離を詰めて、ULTを当てるっていう超絶ULT当てやすいコンボ。RengarのULTからのFerocity MAX E Snareコンボとか。あとは時間差スキルコンボとか。コンボの名前がゴミすぎるかもしれませんが、BrandのQを使ってからEでStunとか。


Home > 6月, 2008

2008/06/29
7回目のベル-宇多田ヒカル”Automatic”

13回目でやっと宇多田ヒカルがかけたーうれしー

実は宇多田ヒカルのかなり昔からのファンです。
音楽を結構聞くようになったきっかけは宇多田なんだよなー

小学校高学年のころから音楽チャンネルをよく見ていた
そのころにはバラエティー番組の面白さがよくわからなくて
新聞を見ていた方が楽しかった
面白かったTVがなかったわけじゃないけれど
音楽番組を見ているほうが楽しかった

でもだからと言って何か好きな音楽があるわけでもない
なんとなく見ていただけだった
小学校4年のときにイギリスに語学留学していたから
そのときに聞いたような音楽を耳にできてなつかしかった
というくらいの理由だった

そんな外国かぶれな子供だったから
R&B系の音楽が当時結構好きだった
でもそのころの日本ではあまりそういう音楽が流行ってなくて
物足りなさを感じていた
(注:今はそんな好きじゃありません、テクノブーム続行中です)

そのときに耳にしたのが宇多田ヒカルのAutomaticだった

一瞬しか聞かなかったけれども
しっかり耳に焼き付けた
な、なかいめのべ、るでじゅわきーをとった君…
不思議な音節も気にならずに聞けた
少しハスキーな声に
振り絞って出しているような切ない音に耳を奪われた
外国かぶれとしてはその発音のよさにも
耳を傾けざるを得なかった

(おそらく)お父さんやお母さんにお膳立てされて作られた天才は
画面の中で既に才能を発揮していた
曲の雰囲気、歌詞、音、すべてが自分が探していたものだった

中学には私以外にも海外かぶれの人がいて
彼女と宇多田ヒカルの話題でめちゃめちゃ盛り上がった
MP3プレイヤーではなく当時一番盛り上がっていたのはMD
MDに入れてなんどもなんども聞いた
イヤホンの軸をぶらすと違う音が聞こえてきたりもして
とても楽しかった

大人気なはずなのに
どこか寂しげな歌詞で
まさに中二病まっただなかの私たちのこころをくすぐった
(ちなみに当時リアルに中学2年生だった)
恋愛の歌ばっかりだったけれども
それは若かった宇多田ヒカル自身が
それだけ恋愛に興味があったっていうことなんだろう

何よりも曲の具体性には驚いた
七回目のベル、という表現は
どんな恋愛の感情を示す言葉よりストレートで
具体性のあるものだった
とても説得力のあることば
歌詞にそういう力があって
かつ音楽も前衛的
(今思えばそうでもないけど当時の自分の感覚として)
そんなものを聞いたのは生まれて初めてだった

なんとなく流れてくる音楽を好きになると言う側面もある
今でもそういうところはあると思う
でもそうじゃなくて
自分から積極的に「この音を聞きたい」と思ったのは
この曲が初めてだった
曲には人が現れていた

今でもそう信じているけれども
曲には人が宿っている
人には社会が現れている
それをはじめて感覚的に教えてくれたのが
宇多田ヒカルだった
今でもあのFirst Loveというアルバムを聞くと
16歳とか17歳の少年少女の心の機微と
当時の気持ちをありありと思い出せる

彼女の曲はどれも今でも好きだ
やっぱり彼女が影響を受けたことを
すんなりと曲の中にあらわせているし
すごくたくさんのことが織り込まれているから
その当時そこまで深く考えて音楽を聴いていなかったけれど
きっかけになったこの曲には本当に感謝したい

12:56 | 音楽 | No Comments
2008/06/22
感動の連鎖-DE DE MOUSE”baby’s star jam”

12回も行ったのかあ
結構がんばって書けてるな自分
仕事の原稿もこのくらい行けばいいのに…!

*今回取り上げる歌には歌詞がないので適当に題をつけました

*2 実際にホタルを見に行った日に興奮して各SNSに書いたのとほぼ同じものとなっています
ホタルの見ごろは6月上旬なので、すでに見ごろは終わっています。
見たくなった人は来年まで待ってください

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3527117

↑の動画見て、ホタル見たくなった。
(関係ないけど、ずっと友人にDEDEMOUSEを薦められてて、
今まで一度も聞いたことなかったので、いいきっかけにもなった。
動画職人の方にもDEDEさんにも感謝したい)

そもそも私はナマでホタルを見たことがなかったので、
いつかぜひ見たいと思いながら23歳になってしまった。

6月の第2週ごろ、同業の知り合い数人に
「ホタル見たことありますか?」
と聞いたら意外とみんな見たことあった。
神戸の付近では意外とホタルが見られるらしいので、
休みの日に行ってみた。

少し前に神戸新聞に神戸市内でもホタル見られるって書いてあったけど
そのために開放していた短大はもう閉まっているらしい
一応ある程度ネットで情報調べてて、
芦屋川の駅より少し北側で見られるらしいことがわかる
芦屋川だったらこの間仕事で行ったし
だいたい家から1時間弱で行ける

前の日は職業に似合わず(爆)クラブで遊んだ後
カラオケに行って朝帰ってきたので起きたのは昼2時
風呂に入って服を洗濯して新聞を読んでPCでニコ動音楽タグめぐって
図書館で本借りて帰ってきたら5時
すでに夕方じゃねえか

地震があったとのことなので
マイミクの人とかの安否確認を行う
会社の人の安否も結構心配だったが(後輩に当たる)
電話する行為そのものが一番空気読んでないのでやめとく

図書館で借りてきていた仕事関係の本を1冊バッグに入れ芦屋川に向かう

着いたときには6時半を少し回っていた
まだ明るかったのでとりあえず付近を歩き回って
ホタルが出現しそうな場所を確認
それでもまだ明るかったので公園のベンチに座って本を読む
「JR福知山線脱線事故
-2005年4月25日の記憶-」
素で読みながら結構責任とかいろいろ押し寄せてきて泣きかける

読むのに少し支障が出るくらいの暗さになってきたので
本を畳んでホタル探しに出かける

子ども連れのお父さんお母さんがホタルを探している
でも開森橋のあたりにはホタルがいなくて
みんな少し困り顔だ
時間が少し早いのかもしれない
もう少し北側に行ってみると
ホタル見学に来たと思われる人がもう少しいた

高級住宅地を1時間あたりうろうろしても
まだホタルは見つからない
今年は暖かかったからホタルはもういないのかもしれない…
あー先週来ればよかった…
私と同じ時間うろうろしてる親子も
「残念だったねー」
と話しながら帰っていく
私もそろそろ帰ろうかなぁ…
そう思って欄干に腰掛けてあたりを見回した

すると不自然に一定時間光っている白っぽい光が少し遠くに見える
…まさか!
思わず飛び上がって近くまで走った
あれは、たぶん車の光の反射なんかじゃない

近くまで行くと、4匹ほどのホタルが点滅していた
生えている草につかまりながら尻を光らせているんだろう
想像よりも白っぽい光が、ぼんやりと見える
ずーっと同じところでしばらく見ていると
一匹のホタルが宙を舞った

テレビで撮影されるような大群ではなかったけれど
とても美しかった
舞ったホタルが別の小さな光に寄り添っていって止まった
ない胸がいっぱいになった
ときどき邪魔する車のライトには苛立ちを覚えた
たいていホタル見学に来てるやつらの車だ

別の支流の川のほうも少し見てみようと思い
15分くらい歩いてみた
すると川の土手のあたり(だと思う。暗くてよくわからん)に
5匹くらいのホタルが止まりながら点滅している
口から思わず声が出る

橋を超えて
高級住宅街の中に入っていくと
ぽっかりできた売り地の中に
老若男女が10人ほど集まっている
私も一人混じって座る
…この売り地、来年は売られちゃうんだろうなあ

そこにはホタルが10匹くらいおり
頻繁に点滅を繰り返していた
少し上流側にいるホタルも飛んできたりしている
ボーっとしばらく点滅を一生懸命目で追った

こういう風にホタルが見られるように
こっそり養殖している人もいると聞いたことがある
その行為は生態系を侵している
でもこういう感動的な風景が見たいと
うかうか乗せられているような私のような人間が多くいる中で
密養殖(っていうの?)を責められるだろうか
もちろん面白半分にやるような人もいるだろうけれど
人を楽しませようと思ってやってる人もいるだろうし
何よりホタルを見て喜ぶ子どもたちの姿とかに
胸打たれる人は結構多いと思うがどうか

あまりにもいろいろなことを考えすぎてホタルを見ていたので
気がついたころには人が周りからいなくなっていた

baby’s star jamの記憶しているメロディーをたどって歌う
気のせいなのは分かっているけど
ホタルが反応しているような気がしてしまう

ときどきホタルの光を邪魔する車の光
こんなところ、電車で来いよ、車でくんな
その行為こそがホタルの成育環境を奪っていることに気付け
私がそう思っても成金どもには響かない
狭い路地に路上駐車しまくるホタル観光者

一人で静かにこういうのを見たいのに…

「バカなヤングはとってもアクティブ それを横目で舌打ち一つ」
(電気グルーヴのN.O.の歌詞)
を地で行く私

いい時間になったので家に帰ることにした
たぶん休みの日に仕事以外で一人で出かけたのは
半年振りくらいじゃないか
いい日だったな。

ちなみにホタルって飛ばずに光ることのほうが多いんだね。
これも新しい発見でした。
こういう人間らしい暮らしって大切だよなあ。仕事の上でも。
1曲が人間の行動に影響を及ぼしたよい例だとさ。

10:07 | 音楽 | No Comments
2008/06/15
踊る少女への憧れ

自分にとって時計の表面のガラスは
見えない人を見るためのものだった
後ろでも前でも斜めでも、うまく傾けて、
あとは自分の顔を傾ければ完了
後ろに座っているあの子でも、
斜め後ろにいる彼の顔も、ばっちり見ることができた。

当時衝撃だったのは、
自分と同じ年の子供たちがテレビに出始めて、
黒一色の服を着て、バリバリ踊っていたこと
とあるグループにいる、その子達の中で、
自分と同じ年の子は特別かわいいとは思えなかったけど、
テレビに出ている子がいることが驚きだった

私と同じ年の人にこのグループの話をすると、
たいていみんな同じ反応が返ってくる
そのグループの名前は、SPEED

SPEED知らない人っていないよな?
いたらどうしようか。
ジェネレーションギャップに泣かざるをえない。

簡単に説明すると、
1990年代後半に大人気で、少女グループのさきがけだった。
それまでの少女グループって、たぶん男の人に人気だったと思うんだが
SPEEDは絶対女のほうが人気があった。
自分たちと同じ年くらいの女の子たちが
エロい、そして切ない、
ドラマに描いたような恋を歌う姿は、
同年代の女子から見ると不思議な魔力があり
私を含めたみんながとりこになった。

STEADYという曲は、
どう考えても小学生が歌う曲ではなく
中学生の歌う歌詞だ
今なら言えるのだが、こういう仰々しい恋をするのは
中学生までな気がするし、
歌詞に納得できるのもそのくらいまで

私は当時小学校6年生で、
ちょうど「初めての恋らしきもの」をしたころ
ほかにもノリとかで「スキー」とかは言ってたけど
本気で胸がドキドキしちゃうような体験は初めてだった。

当時使っていた比較的画面の大きい時計で
本気のストーキングまがいの行為を行い、
塾の時間はすべて「彼」のために使われた

やんちゃなふりをしつつも、自分の限界を知っていた…

ごめんうそです。性格はよく知りません。
単に彼の顔が好きだっただけだと思います。

小学生なんて、まだ恋とか言ってないで、
キャベツの青虫を取って遊んでりゃいいのに。
(注:私は低学年のころはそうやって遊んでましたー)
私はこのSTEADYという曲の歌詞を改変し、
当時好きだった男性のことを思いながら歌っていました

せかいーじゅうでたったーひーとりのー
あなたにーであえたーことー

中学生になるとき、塾を卒業する。
実は私は人生の中で告白は1回しかしたことがなくて、
もちろんこのときも告白とかしなくて
普通に気持ちを伝えないまま別れていったんだけれど
そのときはやはり切なかった

別に特別な関係になっていなくても
彼に出会って、いろんな心の起伏を味わったことは幸せだった
思い続けてれば叶う、なんてことはないけれど
そんな幻を信じたくなった

歌を歌ってるSPEEDに自分を勝手に重ね合わせて
小さな恋の物語を歌った
時計のガラスには毎日彼の顔を映し出した
占いの本を読みまくった
読みすぎて家に火をつけようとしたこともあった

今思うと、
こうした「SPEEDビジネス」ってせこい
小学生・中学生は歌詞のような恋に憧れ
セックスも何も知らないままなんとなく「スキ」を追い求める
占いは必ず好きな人の分もまとめて参照
新しいおまじないグッズを購入する
カラオケに行ってみる
大人たちは子供がほしがるもののために金を出す
女の子たちは踊って歌う彼女らとその歌詞を自分に勝手に投影して
ライブにも初めて行ってみたりする
そういう子たちが成長して
もっとほかのライブ等に行くようになる
そうやって操られ始める第一歩が当時のSPEEDだった

彼女たちは何にも悪くない
ステージで踊って歌うことにあこがれた少女たちも被害者だった

そういう商品化された恋愛ごっこに連れて行かれる
少年少女の純粋な心が
懐かしいような、懐かしくないような
そんな23歳の私がここにいる
今は、時計のガラスに人を映したりしない

*今回は週刊Junkstageの記事も兼ねているため少しスタイルを変えてます

12:45 | 音楽 | No Comments
2008/06/12
番外編-VOCALOIDネタ

これからはたまに番外編やるよー

おかげさまで何とか1回も原稿を落とさずに10回まで書けました…
仕事が忙しい中どれだけできるか相当不安でしたが
なんとか一応10回を迎えましたー

ブログにコメントするのって気後れしますよね、
だからコメントがついてないと思うんですけれど
本人の予想以上に見てくださる方がいるみたいで
私はとてもうれしいです
でも!別に嘘の名前でも良いからコメントしてくれると
もっとうれしいから、コメントしてー!

そこで今回は番外編と称して
VOCALOIDの話をちょっとしたいと思います

実は本職でも少しVOCALOIDの話をしていて
記事はもう書き終わってるんですけれど
まだ日の目を見ていないみたいですね
早くしろ上の人…
この記事と同時くらいに出るらしいですよ…

今までの音楽遍歴をたどるんだったら
普通にVOCALOID以外の音楽なんだけれど
最近かなり影響を受けているのでどうしても増えてしまうと思います
しかも昔の曲紹介するのってあんまり好きじゃないしねー

そもそもなんでこんなVOCALOIDに私が注目してるのか?ということを
いつもより少し真面目に書いてみたいと思います

VOCALOIDというのは、ヤマハの人が2003年に発表し、
04年に商品化した、歌声を作ることのできるソフト。
強弱や大きさなどを調節し、
より人間らしい声を作ることができるらしい。
そしてその後、07年8月末に「初音ミク」というソフトが売り出される。
声優の声を採用したかわいらしい声に、
ソフトでありながらキャラクター設定を持つところが鍵となり
非常に人気が出た。

DTM=デスクトップミュージックという、
パソコン音源を中心にソフトなどを駆使した作曲をしている人たちには
非常に魅力的な音源が「初音ミク」だった
滑らかで、機械らしくない歌声にはっきりしている発音
それまで歌入りの曲を作っていなかった人たちに新たな可能性を与えた

たぶんインストばかり作っていた人は
ミクというソフトのキャラクター設定がなければ
ここまで想像力・創造力を働かせて曲は作らなかった
(実際「ミクに歌わせる」ことを前提にして作られた曲がかなりある)
動画とかも作られて「萌え設定」「アホの子」など
ネタになりうる側面を持たせたことも、
コメントのつけられる動画共有サイト「ニコニコ動画」で
人気が出たことの一つだ
(自分の書いた原稿ではニコ動のことは触れませんでした
youtubeとかでも結構聞かれているからというのと
あとは字数の問題ですね…)

発売されてから比較的すぐの時期に
オリジナル曲をミクに歌わせた人がたくさん出始めた
「ミク」がTBSにかなり不本意な形で紹介されたり
google八分にあったりして注目度がネット上でうなぎのぼりになる

私は「登録しないといけないクローズドな動画サイト」ということで
あまりニコニコ動画に登録するつもりはなかったが
どうしても初音ミクを題材にした動画が見てみたくて登録した
(いろいろなサイトで絶賛されてたから)

そこで見てみたら、
動画じゃなくてオリジナル曲がすごいことに気がついた。
初音ミクだけじゃなくて、
MEIKOやKAITOというソフトでも作られていた

何かの広告とかで「聞け聞け」と押し付けられたり
「CD買え」と言われるわけでもない
自然に広まっていき、その歌を歌った人が増えてくるという
新しいムーブメントのすばらしさを感じた
一人一人が自分のやりたいことを
誰に示されることもなくやっている一つの理想系を見た

ニコニコ動画のタグは他人が編集できるので
時には「振り込めない詐欺」というタグがついた
周りの人が「金を出したい」と思ってのことだった

ちなみに私もタグをつける行為にたまに参加していて
「振り込めない詐欺」とつけたことがあるのはこの曲

だってPVもよかったんだもの…
(今はタグがはずされています)

同人CD等を扱っている店で売られることもある。
私はそれで実際CDなどを購入したこともある。
高ければたぶん「高い」と購入者から文句が行くのだろう

まあ趣味だけでやってる人に対して
「高い」「早く売れ」というのは酷だと私は思うけれど
音楽で生計を立てていきたいと思う人ならば
そういう声は非常に大切だし、耳を傾けるべきだろう
(くりかえすが趣味でやってる人には言うべきではないと思う
でも聞き手がその区別がつけられないところが
面白いところでもあり、難しいところでもある)

プロ・アマの区別がつかないほどに楽曲のレベルも高いから
アマチュアの人には意外なことが起こり続けるだろう
本気でやりたい人にとっては
人からの忌憚ない評価をもらう最適の場所になっただろう
しかも声は匿名性の高い「ソフト」の声だ

SNS等も身近になってきて
インターネットを通じて人と出会うことも多い昨今
「初音ミク」などのソフトを通じて
人は新しい出会いを見つけた
そして新しい形のエンターテイメントを作った

ある種理想的な「経済活動」の形に思えた
*ここで言う「経済活動」というのは
限定的資源を求めて活動するということではなく
需要に応じて財の供給がなされるということに限定します(勝手に

また著作権の問題に関しても
単なる2次使用禁止という形では
もはやコピーが簡単な現代社会においては時代遅れだということを
図らずも実際の新たな「クリエイター」たちの活動で示した
(なぜなら楽曲を使用された人たちは、
許可があってもなくても「ありがとう」「GJ(Good Job)の略」と
返事をしているからだ)
今後の新しい著作権のあり方を考えなければいけない時代になってる
そもそも著作権というのはさかのぼって考えると
所有権の問題になるのであって
所有権の問題は現代社会の基本概念であって…(以下略)

そういう色々な社会の問題を映し出す象徴的な存在になったのが
このVOCALOID(ボーカロイド)というソフトだと思う
だからすごい注目して聞いて
オリジナル曲で好きなものかつ人の心を惹くものを今日も探している
きっと社会を変える曲があるはずだって
バカだけれども信じている

07:07 | 番外編 | No Comments
2008/06/08
真実の感覚-azgas”lasensaciondelarealidad”

ごめんなさい10発目は少し暴走させてください。
ちなみにこの曲を作った人は私の友達です。

彼は私の高校時代の友達で、ネット上ではazgasと名乗っています。
自分が高校1年生のときに田舎に行ってた時、
ひときわ目立っていた男の子でした。
たぶん当時彼が好きでしたwwww

ちなみに彼のHPはマイスペース(音楽用SNS)にあり
http://www.myspace.com/azgasmusic
となっています。
この紹介したlasensasiondelarealidadも聞けます

彼は高校時代にずっと同じ授業を取っていて
迷惑もいろいろかけたと思う…
その反面、私にEMINEMと同じくらい影響を与えた人間。

彼、ギターうまいんですよ。
彼、歌もうまいんですよ。
彼、政治的にしっかり自分の考えを持ってるんですよ。
…

まあこんな感じでベタボレなわけです
いいのかこんな公開告白
本人日本語読めないからいいだろという暴走ですこれは

でも彼日本語勉強してるからなあ見られたら恥ずかしいなあ

まあいいや
彼は先生とかにも少しでも違うと思ったら堂々と意見を言うし
しかもそれはわがままなどではなく
きちんと彼なりに筋の通った話だった
いつも適当に先生をだまくらかしていい成績を取って
へんてこな意見を言うだけで授業を混乱させていた自分とは
対極にあるものだった
(彼が授業を混乱させてなかったわけではないけどねw)

特にバスク地方のこと。
彼はすごくバスク地方のことを勉強していて
独立グループとも交流があったみたい
自分の住んでいる地域にもそれが適用できるんじゃないかと
授業中に意見を述べていた
正しいかどうかは置いておいて
齢16にして周りのものすべてを敵にして戦う強さに
私は心から敬服した
自分はただ周りの顔色を見ながら楽しんでるだけで
彼の自立性に比べたら屁だと思った

自立したい、一人で暮らしてみたい、という気持ちが高まったのは
彼のおかげだと思う
勘違いしてほしくないのだがスペイン人でもこういう人珍しいからね

彼は昔私を「この人種差別主義者!」と呼んだことがあって
それはすごい印象的だった
傷ついたということはなく
自分の中の真の部分をえぐりだされたと思った
彼の言い分ははっきりしていて
留学生として「日本の」よさを広め、
「国際交流」を行っている私は、一種racistaである、ということだ
(racista=スペイン語で人種差別主義者)

心の中に深く刺さった言葉ではあるのだけれども
目の前がクリアになったというか、
ああ、ホントは人種差別主義者だったのに、
国際交流とか言ってたからなんか違和感を感じてたんだ
という理由がわかった気がした
それと同時に
そんな仕組みにうまうまと乗っかり
日本の広告塔に成りすました自分に嫌気がさした

それから6年くらい経ったころ
私はもう1回スペインに行って、バルセロナに行った
彼はバルセロナに出てきていた